福岡の中華料理店 餃子中華火鍋”小桃園”店主の日記


by comomoen

【辣子鶏】とりのピリ辛炒め

1皿300円の、家常菜(中国家庭料理)シリーズ!

その中で、たぶん出るであろうと予測して、以外にもオーダー数が少ないのが【辣子鶏】(とりのピリ辛炒め)

e0183112_1424342.jpg


鶏とつく料理がありきたりに思えるのか、はたまた“辣”という字が、かなり辛く見られるのか、原因は定かではありませんが…

この料理、かなりコク辛の白ご飯に良し、お酒に良しの逸品です!

一方、よく出る料理というのは、以前紹介しました”豚の胃のクンセイ”や、イカの炒め類。

ともに抜群に美味しいのですが、是非一度”辣子鶏”もご賞味ください!
[PR]
by comomoen | 2011-09-03 14:39 | 小桃園